コンピュータ系資格

経済産業省主催【国家試験】 高度(プロフェッショナル)試験

ネットワークスペシャリストやデータベーススペシャリストをはじめ、全部で9種類の試験が実施され、高度な知識・技能が必要となります。

経済産業省主催【国家試験】 応用情報技術者試験

情報システム開発プロジェクトにおいて、設計から、開発・テストまでの一連のプロセスを担当し、基本情報技術者と並んで、社会的評価・認知度が高くIT技術者としてのさらなるステップアップとなる資格です。

経済産業省主催【国家試験】 基本情報技術者試験

情報システム開発・運用や利用などの広い範囲における基本的・共通的な情報技術の習得状況を評価する国家試験です。
情報処理業界を目指す人は、就職前に取得しておきたい資格です。

経済産業省主催【国家試験】 ITパスポート試験

社内において情報処理の基礎的な知識・技術を持ち、システムを利用する立場から様々な提案をする人を対象とした資格です。
コンピュータの活用や管理、指導までできる人材は、あらゆる業界で必要とされています。

経済産業省主催【国家試験】 情報セキュリティマネジメント試験

情報管理の要となる存在が強く求められている現状において、情報セキュリティマネジメントの計画・運用・評価・改善を通して組織の情報セキュリティ確保に貢献し、脅威から継続的に組織を守るための基本的なスキルを認定する試験です。

シスコシステムズ社主催 CCNA(Cisco Certified Network Associate)

ネットワーク業界で高く評価されている資格。ネットワーク技術者に要求される技能を各レベルごとに認定し、実力と目的に合わせてステップアップをしていく認定システムです。

オラクル社主催 ORACLE MASTER

世界で高い評価を受けているオラクル製品に関する技術力を認定する制度。
大きく分けて、データベース運営・管理、アプリケーション開発、サーバー運営・管理の3つになります。

マイクロソフト社主催 MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)

マイクロソフト社が全世界共通で実施している認定技術者資格。
MCPはコンピュータや情報システムの技術的な知識に関する試験を行います。

オラクル社主催 OCJ-P(Oracle Certified Programmer for the Java Platform)

オラクル社が認定している、Java言語の包括的な知識やJavaアプレットなどの開発知識に関する資格です。
スキルに合わせて3段階のレベルで構成され、自分に合ったレベルでJavaのプログラミングスキルを評価できます。

SEA/J(Security Education Alliance / Japan)主催 CSBM(Certified Security Basic Master)

今や「情報セキュリティ」の知識はあらゆる業種において必要不可欠なものとなっています。
社員教育として実施される「情報セキュリティ教育」を学生のうちに習得し、尚かつ高度な技術を身につけることでセキュリティリーダーを目指します。