医療・保育系資格

一般社団法人日本病院会主催 診療情報管理士認定試験

一般社団法人日本病院会の実施する認定試験です。
受験指定認定校(3年制以上)で単位を修得すると受験資格を得られます。
試験科目は基礎分野、専門分野、分類法です。

一般社団法人日本医療情報学会主催 医療情報技師能力検定試験

医療業界のIT化に伴い、医療情報システムに関する専門知識を持つ人材が不足しています。
業界のニーズに対応するための試験で「情報処理技術」「医療情報システム」「医学・医療」に関する分野について出題されます。

公益財団法人日本医療保険事務協会主催 診療報酬請求事務能力認定試験

医療事務の資格試験の中で唯一厚生労働省から認定され、この試験の合格者は医療機関からも高い評価を受けており、医療機関への就職には大変価値ある資格とされています。

一般財団法人日本医療教育財団主催 医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)

これまで医師が行っていた診断書などの文書作成、処方せんの作成、検査の予約などを、医師の指示のもとで代わりに行います。
医師は負担が軽くなった分、患者さんと接する時間がより長くもてるようになり医療現場の質の向上に貢献します。

一般社団法人医療秘書教育全国協議会主催 医療秘書技能検定試験

医療秘書として必要な、医療事務、医学的基礎知識、医療関連知識、医療機関の組織・運営、医療秘書実務の分野について出題されます。
医療全般にわたり幅広い知識が要求されます。

一般財団法人日本医療教育財団主催 医療事務技能審査試験<医科>(メディカルクラーク)

医療事務の知識や技能の判断基準として、医療機関から高く評価されている資格です。
診療報酬明細書の作成、患者接遇など、医療事務に関するさまざまな分野が出題されます。

一般社団法人医療秘書教育全国協議会主催 医事コンピュータ技能検定試験

医事コンピュータによるレセプト作成能力を問う試験。
医療事務及びコンピュータの基礎知識と、カルテや診療伝票を基に正しいレセプトを作成できるかが審査基準となります。

財団法人実務技能検定協会主催 秘書技能検定

社会常識的な範囲での経済用語やビジネスマナーを学び、上下関係のある人の集まりである職場で、上司・先輩・来客などにはどのように接すればよいか、言葉遣いや社交常識(主に弔事・慶事)などについて問われます。また、ビジネスの場で必要な、文書、ファイリング、事務用品、会議などについての初歩的な知識、用語、また、オフィスの環境整備について常識的なことが問われます。